働く人の声

工事部 / 後藤第一朗(34歳)

出身地 : 大分市

勤続年数 : 11年

日々の仕事に対する感想

今、舗装工事の際は、アスファルトフィニッシャマンとして専用重機に乗っていますが、乗り始めた頃は、志賀部長や吉本課長が何気なく操作している重機の扱いの難解さを感じましたし、未だにとても神経を使います。 アスファルト舗装は高温のアスファルト合材を冷やし固めるため、気候や温度によって微調整が不可欠です。 考えることばかりに固執せず、感じることを大切にしています。

将来の目標

運転時に揺れない滑らかな道路、水溜りができない道路を作り上げ、常に見守り指導してくれている諸先輩方の期待に応えたい。